オカムラ歯科医院
東京都渋谷区宇田川町3-10
フィエスタ渋谷 6F
TEL:03-3476-3821

2017/08/15 10:08

お味噌が完成しました。

久々のブログ更新です。

ブログで去年手作りみその仕込みをしたことをお伝えしましたが、
いよいよ、お味噌が食べられる様になりました。

本当は今年の3月に出来上がっていたのですが、
塩辛くて美味しくない物でした。
夏の暑さを超えて熟成されると、甘味が出てくると聞いたので、
3月には開けずに、もうしばらく待つことにしたのです。

8月になり、味見をすると、
まろやかな甘味が増した味のお味噌になっていました!

20170815 001.JPG

それが、このお味噌。
きれいな色です。
大豆と塩と麹だけで作った、まさに無添加のお味噌です。

20170815 002.JPG

この日は豚汁に使いました。

これからはしばらく自家製のお味噌です。
今度は夏らしく、きゅうりに付けて食べようと思っています。

(か)

2017/07/24 16:42

今までで一番美しい

写真 015.jpg


滋賀県野洲市にある国宝、御上神社本殿です。

この写真を撮ったのは10年前ですが、屋根を葺き替えたばかりだったようで、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根がまだ茶色で(古くなると黒っぽくなります)、反りの曲線がとても美しいです。

以前読んだ宮大工の棟梁の本によると、この屋根のそりに一番こだわっているそうで、今まで見てきた神社仏閣の建築物で個人的に一番美しいと思っています。

(G党)

2017/07/14 15:38

日本一の美しさ

写真 021.jpg

写真 024.jpg

大分県竹田市にある白水ダム【白水溜池堰堤】です。

竹田市のJR豊後竹田駅から13km程南西にあり平成11年に国の重要文化財に指定されました。

多くのダムはコンクリートむき出しですが、この白水ダムは溢れた水が、ダムの壁に沿って泡立ちながら流れ落ち、ダム全体を白く浮き上がらせています。 現地の案内板によると、ある専門家が『日本一美しいダムの一つ』と言ってるそうです。

下側の駐車場からはダムが見えず、ダムへ続く道を歩いて行くと上の写真のような風景が目に飛び込んできます、息を呑む美しさとでもゆうのでしょうか、しばし茫然と眺めていました。

(G党)

2017/07/06 11:22

奈良

20170518 008.JPG

奈良公園に鹿を見に行きました。
鹿せんべいを持っていると、鹿が集まってきます。
この鹿達は奈良公園で飼育されているのではなく、
野生の鹿が住み着いているだけなのだそうです。
しかし、国の天然記念物に指定されている為、手厚く保護はされています。

20170518 009.JPG

とてもいいお天気で、どこまでも続く青空や
広々とした芝生が、気持ちよかったです。

20170518 011.JPG

(か)

2017/07/01 11:03

ひらパー

下賀茂神社の自然に癒されて、リフレッシュできました。

20170518 007.JPG

その帰りに、最寄り駅の「京阪出町柳駅」で見つけました。





20170518 012.JPG

分かりにくいですが、大阪の枚方にある遊園地のポスターです。
「ひらパー」とは遊園地の名前です。
正式には「ひらかたパーク」といいます。
サングラスの人はV6の岡田君です。

枚方産まれ枚方育ちの岡田君が、
園長(ひらパー兄さんというイメージキャラクター)をしているそうな?

テレビや映画ではシリアスなイメージですが、
「ひらパー」のポスターでは、ものすごいことになっています。
何か色々やらされてました(笑)

関西にいかれた時、京阪電車に乗ることがあれば、
岡田君のひらパー兄さんをお楽しみに!

(か)

2017/06/23 10:55

さざれ石

下賀茂神社の境内に「さざれ石」があります。
「君が代」に歌われているさざれ石です。

20170518 006.JPG

沢山の小さい石がくっついて固まって、一つの岩になっています。
一見簡単に崩れそうに見えるのですが、触ってみるととても固く、
そう簡単には崩れません。

子供の頃初めて見た時は、「これがあの、さざれ石か!」と思いました。
さざれ石は、下賀茂神社のこの石しかないと思っていましたが、
大人になって、色々な場所でさざれ石を見かけるようになって、
結構いろんな場所にある物なのだな、と思いました。

(か)

2017/06/15 10:47

糺の森

引き続き、下賀茂神社です。

20170518 005.JPG

下賀茂神社の境内は「糺の森」という鎮守の森になっています。
世界遺産にも登録されています。

20170518 007.JPG

小川のせせらぎ、木々の緑。
人や街は目まぐるしく近代化されている中で、
この森や京都の町を取り囲む山々の姿は、千年近く変わらずに、
ここに在り続けているのかもしれません。

(か)

カレンダー

2017月8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by fullhouse